HOME > 省エネルギーシステム

今、私たちの生活にとってエネルギー問題は大きな社会問題となっています。特に企業は、大きな設備投資によって大量の二酸化炭素を今も排出し続けています。「ストップ温暖化!」と叫びながら、果たしてどれほどの企業が有効な温暖化防止ならびに省エネ対策を講じているのでしょうか?

特にボイラーなどの大きな熱源となる設備は、きちんとしたシステムを組むことで大きな省エネ効果が生まれます。
そこで進展工業では、このボイラーの廃熱を利用した「省エネルギー給湯システム(特許取得)」を考案いたしました。

まず始めに、有効な省エネ投資を行うためには事前検討をしっかり行うことが重要だと考えています。1日の給湯使用量や設置場所、熱源などいくつかの給湯実負荷状況を正確に把握することで精度の高い省エネ量の試算が可能になります。そして短期的(1日単位)と長期的(年単位)な省エネ検証をそれぞれ行います。

進展工業が考える『省エネルギーシステム』のポイント

初期診断

初期診断


省エネ診断

給湯システムイメージ



業務用施設の給湯使用状況例

省エネ検証

省エネ検証