本文へ移動

ロードワイパー

交通事故現場等で
漏洩したすべての液体を素早く回収する液体吸着材「ロードワイパー」
「ロードワイパー」は、姉妹品である『オイルワイパー』(撥水性・親油性モミガラ炭)を販売していくなかで、各消防局様からの強い要望を受けて開発した製品です。

自社開発した炭化プラントによって特殊処理した、親水性・親油性で高い吸着性能を持った「モミガラ炭」の開発に成功しました。
さらに、二次災害の危険性も考慮し、静電気を帯電しない安全な、「親水性モミガラ炭液体吸着材 ロードワイパー」が誕生しました。
特許取得済み
油吸着部材、油吸着体
NETIS登録番号
元 HR-100001-A
※日本消防設備安全センター推奨認定期間は終了しております。

親水性モミガラ炭液体吸着材「ロードワイパー」とは

━ 全国の交通事故発生件数は1日平均2,000件以上。二次災害を防ぎ、環境を守るために・・・
・自動車事故発生時に、道路上に漏洩した水や油のどちらも素早く吸着します。
・かさ比重が0.08と非常に軽いため、迅速に大量の液体吸着が可能です。
・モミガラ炭は静電気を帯電することもなく、外装袋にも静電気防止加工を施して
 あるので、二次災害の恐れのない安全な液体吸着材です。
・モミガラ炭は、1g当り約7gの液体を吸着することができます。
・自動車事故現場での使用はもちろん、水面上の薄い油膜の吸着にも最適です。
・分散・中和剤を使用できない用水路や河川等で油が流出した場合に有効です。 
・回収後の製品は産業廃棄物として処理してください。
・モミガラ炭は安全で環境にやさしい液体吸着材です。

特長

素材は安全で軽い
モミガラ炭!
静電気が
帯電しない!
優れた吸着力!
摩擦力が大きい!
未開封で
長期保存が可能!
水面上の薄い油膜の
回収にも最適!
「ロードワイパー」の優れた性能と高い安全性
 ━ 素材は安全で軽いモミガラ炭
親水性モミガラ炭液体吸着材 ロードワイパー
「親水性モミガラ炭」は、水も油も吸着することができる、自然にやさしいリサイクル商品です。
また、かさ比重が0.08と軽量であるため、持ち運びや保管にも便利です。
 ━ 静電気が帯電しない
事故現場では、ガソリンなどからの、揮発性ガス濃度が高くなっている可能性があり、静電気による引火の恐れがあります。
しかし、ロードワイパーの素材のモミガラ炭は静電気を帯電することもなく、外装袋にも静電気防止加工を施してあるので、
二次災害を恐れることなく安全に作業ができます。
 ━ 優れた吸着力
ロードワイパーは、ガソリン・軽油・オイルはもちろん不凍液・ウインドウォッシャー液等の吸着にも大変優れています。
特に、雨の日の事故の場合「わだち」に溜まった雨水の上に油等が浮いていますが、「親水性モミガラ炭」を直接散布すると、かさ比重が0.08と軽いため優先的に油を吸着するので、雨の日の使用に有効な液体吸着材です。
 ━ 摩擦力が大きい
モミガラ炭は、従来品と比べて摩擦力が大きく、滑りにくいので、緊急を要する現場でも安心してお使いいただけます。
 ━ 長期保存が可能
静電気防止加工をされた外装袋には 、酸素バリア袋を使用することで、性能低下対策を施し長期間の保存を可能にしました。また、チャック付きなので使いかけでも容易に密封できます。
 ━ 水面上の薄い油膜の回収にも最適
水面に広がった薄い油膜に直接散布すると、「親水性モミガラ炭」の微細孔による毛細管作用により、しっかり吸着し水面に
浮いていますので、回収が容易です。
油を吸着していないモミガラ炭は親水性のため水分を吸収後、沈水します。
「モミガラ炭」は、安全で環境にやさしい液体吸着材です。

商品詳細

従来品との比較一覧表
━ 液体吸着材(使用場所:陸上)
商品名
ロードワイパー(自社製)
従来品
材質・形状
親水性モミガラ炭
顆粒状焼成品
原材料
もみがら(農業不要物)
珪藻土
かさ比重
0.08
0.5
液体吸着量
7.17g/g
0.57g/cc
1.28g/g
0.64/cc
摩擦抵抗力
11.8~13.7N
8.4~10.3N
静電気
素材
非帯電性


表面抵抗値
5.0~9.2×107Ω
1.3~2.2×108Ω
包装
非帯電性

×
表面抵抗値
1×1011Ω 以下
1×1012Ω 以上
※表面抵抗値が1×1012Ω以上のものが静電気を帯電します。

使用方法

ー自動車事故現場等、陸上での使用の場
使用方法
1.液体漏洩
使用方法
2.ロードワイパー散布
使用方法
3.回収中
使用方法
4.回収後
※モミガラ炭の液体吸着量の目安は、2Lのモミガラ炭で約1Lの液体を吸着。(1袋(8L入り)で液体4Lの吸着が可能)
※乾いた路面では回収後、モミガラ炭の黒色が目立ちますが漏洩液は回収されています。
ー用水路・浄水場等、水面での使用の場合
1.水面に油の漏洩
2.オイル吸着マット等を回収後薄い油膜が広がる
3.ロードワイパー散布
4.虫アミ等でモミガラ炭を回収後
※油を吸着したモミガラ炭は水面に浮いているため回収が容易です。
※油を吸着していないモミガラ炭は親水性のため水分を吸収後、沈水します。

商品説明動画

進展工業株式会社
〒950-1104
新潟県新潟市西区寺地670-7
TEL.025-267-3762
FAX.025-266-3495
1.空調衛生設備の設計・施工/床暖房設備の施工
2.冷温水機保守/冷温水機分解整備/ボイラ缶検・保守
3.上下水道設備整備工事/各種ポンプ・送風機整備工事
4.ごみ焼却施設整備工事・常駐運営管理
5.床暖房畳床の設計開発・製造/新商品の設計開発
2024年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
TOPへ戻る